カテゴリ

カテゴリ:コックピット

モニターアームを変えた

カテゴリ:
こんにちは。

先日、SUSコックピットのモニターアームを変えました。
以前まではセンターモニターだけSUSフレームに固定したアルミプレートにボルト固定、サイドは市販のモニターアームをSUSコックピットに固定してそれに取り付けていました。写真は こちら から。
これはこれで自由に角度や位置を決められて良かったんですが、実は難点も。
狭い部屋にコックピットを設置しているので、モニターに頭ぶつけたり日常的にするんです。
そうするとどうなるかというと、意図していないのにモニターが動く!
これにかなりイライラしてしまって。きっちり位置や角度を決めたら動かしたくないタイプなので、ちょっとずれるだけでもかなりイラッ。O型はこういうところ細かいです。

ということで今回のコックピット改良の目標は「モニターに頭をぶつけても動かない!」にして検討しました。

まず今までのモニターアームは使えません。動いちゃうので。
一度位置を決めたら動かす事はないので、きっちり固定できたほうが楽という結論に。
なので、一番見た目的にもスリムなSUSでモニターアームを作ることに。 
SUSモニターアームを作る上で悩んだ点は2つ。
①モニターをSUSフレームに固定する方法
②角度を付ける部分の構成

①の問題は比較的かんたんで、今までのセンターモニターみたいにアルミプレートに固定すればOK。
じゃあ②は?と考えていたときに、iRacingのフォーラムで画期的な物をちょうど販売開始すると見かけました。
販売元は http://sim-lab.eu/ というサイトです。
そこでSUSモニターアームにぴったりな Triple monitor bracket set を販売開始するとのことでした。ついでに VESA monitor mount というアルミプレートも売っていたので同時に購入しました。

オランダから発送だったんですが、PostNL早いですね。5日程度で届きました。

届いた物はこちら。
P1000902
P1000903
P1000904
P1000905
P1000906
合計で送料込みでちょうど10,000円くらいでした。
値段の割には結構クオリティ高くてびっくりしました。アルミも5mm厚なので傾きそうにないです。
このモニターピボットプレート、 30度から75度の間で角度調整も出来る優れものです。

で、取り付けてみました。
P1000965
P1000964
とっても良いです! 
実はモニターをBenQ XL2420TからDELL P2210に変えたのですが、モニターが小さくなったのを気にならないよう極力近づけて500mm。角度は50度にして、iRacing内のFOVで158を確保しました。
モニター(というかコックピット)を揺らしても、コックピットが揺れないのでモニターも揺れません!
頭ぶつけてもずれないし、本当に変えて良かったです!
(ちなみにフルバケもNaniwayaのRevに変えてますが触れないでください) 

今回直接メールでやりとりして購入しましたが、親切に対応してくれましたよ。
送料も重さを考えれば超安かったです。USPS高いし遅いなぁみたいな。 

SUSコックピット オーダーリスト公開

カテゴリ:
こんにちは。

先日「コックピットのオーダーリストありませんか?」と聞かれましたので、作ってみました。
うちのコックピットのベースは @ukfunk さんの こちら を参考にさせてもらっています。
現状のコクピで使っている、本当に必要最低限の物しかリストに入れていません。
下手したら足りない可能性も・・・なので、予め先にお伝えしておきます。
あと、ハンコン・センターモニター固定用のアルミプレート、シフター・ハンコン・ペダル固定用のボルトやブラケット、シート固定用のネジなどは含まれていません。
ホームセンターでネジやボルト類は揃えたほうがいいかもしれません。
あとうちのペダルはほぼ直角になっているので角度付ける必要がありませんが、G27ペダルやCSPなどなら角度付けたほうが操作しやすいと思います。
SUSは送料無料ですが、組み替えるときの柔軟性も考えてちょっと多めにオーダーすると良いかと思います。

それでは、我が家のSUSフレームのオーダーリストは こちら から(フリーのOfficeで作成したので文字化けの可能性あり。その際は添付の画像を参考にしてください)。 
だいたいこの構成で35,000円ほどでした。

ハンコン・センターモニター固定用のアルミプレートは @naoya9999 さんの こちら の記事を参考になさってください。
ただクランプの付いているLogitech製やThrustmaster製のハンコンの場合、アルミプレートを介さなくても直接フレーム・ブラケットに取り付け可能だと思います(過去にG25やT500RSのときにそうしていました)。
アルミプレートが、うちのサイズの場合だと約7,000円ほどでした。 
センターモニターに関しては、後述するサイドモニターと同じ要領で取り付ける事も可能です。そこらへんは好みが分かれるところだと思います。
P1000866
P1000868

サイドのモニターは、市販のモニターアームをブラケットを使って挟んでいます。
これも@ukfunkさんのコックピットをマネしています。
センターモニターも同じ要領で取り付け出来ますが、そうするとなると縦のメインフレームをもう70mmくらい長くしないと取り付けられません!
モニターを近づけるのであれば、センターだけアルミプレートという選択肢はとても良いと思います。
P1000853

その他にも、我が家のコックピットには FrexGP製キーボードホルダー が付いていたり、セカンドモニターが上に付いていたりと他の方とは少し違う点もいくつかあります。
SUSコックピットの特徴は、丈夫なコックピットが人それぞれ好みに組めるところにあると思います。
既製品ももちろんいいですが、自分好みなコックピットがSUSフレームで実現出来ますよ。 

CSW帰還とコックピット更新 (2015/10)

カテゴリ:
こんにちは。

Fanatecへ三度目の交換依頼です。
数ヶ月前からハンコンベース内部からノイズが鳴っていたので、あまりにうるさく交換してもらうことにしました。
ペダル→シフター→ハンコンと来ています。次はステアリング・・・?
前回シフターの交換手続きをしたときは随分と待たされましたが、今回は割りとスムーズでした。
同じく時系列で並べて見ます。

09/09... Fanatec JP経由で連絡。症状の分かる動画を添付。
09/10... 返信あり。ファームウェア何使ってるか聞かれたので、当日中に返信。
09/10... RMA手続き開始のメール。
09/11... いつもの通りここに送ってねメール。
09/16... ヤマトで発送。翌日には到着。指定の番号をラベルに書き忘れたことに気付く。
09/19... 送ったんだけどラベルに書き忘れちゃった、いつ送ってくれる?メールを送信。
09/23... 既に届いてるからすぐ送るよメール。翌午前1時にインボイスメールあり。
09/25... 新品のCSW V2が届く。

今回は、割とポンポンと流れ良く手続きが進みました。発送までに少し時間かかってしまったので、最初の連絡から実質10日程度でしょうか。
もし全然連絡とか無かったら、しつこく連絡しちゃってもいいかもしれません。
交換されて戻ってきた個体は、すこぶる好調で良かったです。 

で、ちょうどCSWが無い間にコックピットを組み替えていました。
前回のエントリーにあるとおり、2Dに戻してモニターに角度を付ける作業です。
そのほかに、底のベースフレーム(40×40mm)を太いフレーム(40×80mm)に交換もしました。
結局一番底のベースを交換したので、結局一から組みました。
前はブレーキを踏むとフレームがしなっていたのですが、今ではビクともしません。快適!
P1000861
P1000854
他にも組み立て途中の写真や細部の写真は こちら からどうぞ。

あとはフルバケを交換すれば完璧かな・・・。
とりあえず、2Dに戻してFOV確保出来て快適です。 

3画面/SimVibe対応 SUSコックピット (2015/06)

カテゴリ:
こんにちは。

ここ最近iRacer界ではSUSコックピット&3Dモニター化が流行っているようですが、絶賛2D/60Hzモニターで頑張っています。実車買うまでも近いのでお金貯めないと。
さて、先日iRacerの @naoya9999 さんが素晴らしいコクピ環境を こちら で公開されていました。2年強前からSUSコクピを使っている自分でも「おぉ~すごい!」なコクピ環境を披露されていましたので、自分もあれこれ手を加えて最終形?になったSUSコックピットを紹介します。
元々は、同じくiRacerな @ukfunk さんの こちら がベースになっています。そこに、モニター固定部だけ@naoya9999さんのアイデアを入れさせていただきました。
言っちゃえば、皆さんのアイデアを丸パクリしてるだけな気がします。すみません。
では、写真を交えて下記に紹介していきます。
P1000734

ハンコンベースには、Fanatecの ClubSport Wheel Base V2 を使用しています。今までLogitechやThrustmaster、さらにはFanatecの別の機種など色んなハンコンを触ってきましたが、このハンコンベースが今までで一番グッドです。滑らかかつ高トルクです。ファームウェアアップデートも出来て、つい最近のアップデートをしたところ、iRacing内のFFBがさらに滑らかにより細かく伝わるようになったような気がします。ステアリング自体は、クイックリリース機能が付いていますので簡単に交換が出来ます。以前使っていたフォーミュラタイプが壊れてしまったので、現状は BMW GT2リム のみですがまたいずれフォーミュラリムも買おうと思います。
P1000735
 
シフターは、現在Fanatecの ClubSport Shifter SQ V1.5 を使用しています。シーケンシャルとHパターンをレバーをずらすだけで切り替えできます。ThrustmasterのTH8シリーズもシーケンシャルとHパターンを切り替えできますが、あちらはシフタープレートを交換しないといけないので非常に面倒でした。主にHパターンで使用していますが、かなり自然なシフトチャンジが出来ます。軽くも重くも出来ますが、重くしたときの操作感は絶妙です。
シフトノブは、@naoya9999さんに教えてもらった こちら に交換しています。
またブログを書いている本日6/19に、シーケンシャル用としてFanatecの Porsche Shifter を追加しました(リンク先はCSR Shifterですが基本は全く同じです)。ClubSport Shifter SQ V1.5のシーケンシャルは結構なロングストロークなのですが、個人的にショートストロークが好きな自分には少し不向きでした。というわけで中古で結構古い物ですが譲っていただき取り付けました。
P1000736
P1000749


ペダルは、2010年頃に発売されていた油圧ペダルユニット Giddy up Pedal FP1 を使用しています。 
今までポテンショメーターの物とロードセルの物など色々使ってきましたが、一番いいフィーリングを得ています。踏んだ圧で入力量が変化しているので、本当に運転していて楽しいです。硬さも気軽に変えられるのがいいですね。ホームセンターで売られていた、1,000円の靴を履いて踏んでいます。操作もしやすくお手ごろ価格でよかったです。
P1000737
P1000745


モニターは、未だに2D/60HzなBenQの RL2450H を3枚使用しています。 新品購入したのが2013年4月なのですが、その頃は「1年くらいしたら120Hzにしよう」なんて軽い気持ちで買いました。それなのにもうすでに2年強経ちました。正直なところ、2D/60Hzでも不満がないのが変えていない第一の理由です。限界を感じたら、3D導入しようと思います。ちなみにモニターまでの距離は550mm、サイドモニターの角度は45度になっています。iRacingのFOVは157です。
上のサブモニターは、秋葉原で4,000円で購入したDELLの SE198WFP です。サンコーのモニターアームで上に吊っています。
P1000738
 
キーボードは、FrexGPのキーボードホルダーをSUSコクピにネジ止め(現在販売されていないようです)。
P1000743

このSUSコクピは、SimVibe用の振動ユニットを搭載しています。SimVibeは、エンジン振動やサスペンションの微振動などの低周波数の音を振動に変換して、振動ユニットに出力してくれる素晴らしいソフトウェアです。
振動ユニットは、Dayton Audioの TT25-8 を四隅に取り付け。アンプは25W×2の中華アンプを2つです。オーディオ出力は、マザーボードに搭載のオンボードから出しています。
P1000740
P1000741

シートは、恐らく多くのコクピビルダーが使用している(と思われる) こちら を使用。
コストパフォーマンスの点ではかなり優れると思います。
このブログを書いた時点では黒は売り切れですが、まだ赤が残っているのでぜひ。
P1000739

PCは、自作機です。i7-4790K + GTX970 + 16GBメモリーの組み合わせです。恐らくかなりの鉄板スペックだと思います。実際バランスよく使えています。2D/60HzモニターならGTX970で十分です。
P1000748

ヘッドセットは、Logicoolの G230 。サウンドカードにCreativeの Sound Blaster Recon3D PCIe を搭載しています。 ただ結構な年数使っているこのサウンドカード、サーサーとノイズが乗るので、近々買い替え予定です。
P1000742
 
中央のモニター固定はアルミプレート、左右はサンコーの モニターアームのアーム部分のみ 流用しています。 
アルミプレートは、@naoya9999さんの余りをいただきました。これにしたおかげで、モニター距離を縮めて角度を付けられています。
アルミプレートは5mm厚ですが、モニター固定には十分です。
P1000744
P1000747

おまけとして、うちも後ろのスパゲッティケーブルをさらしておきます。この辺はかなり性格が出ますが、O型の割にはかなり頑張っているほうだと思います。そうだと思いたいだけですが。
P1000746
 
「ここはどうなってるの?」とかあればお気軽にコメントください。写真を追加します。
新しく購入したカメラ、PanasonicのDMC-FZ200で撮ってみました。いかがでしょう。 

SimVibeはやっぱりイイ!

カテゴリ:
こんにちは。

以前の記事で最後の方に「詳細はComing soon...」なんて書いておきながら、紹介するのをすっかり忘れていたネタを。 
正体は、SimVibe用バスシェイカーでした。 
実はうち元々は上海問屋の20Wバスシェイカー(2個3,000円の破格)を4個でシャシーモード使っていたのですが、どうもノイズが乗って気になるので当分使った後眠らせてありました。
その後は我慢して 2個だけシートに直付けして使ってました。
で、一ヶ月ほど前にiRacerのJPスレッドにてバスシェイカーが売られているのを購入。
Dayton Audio TT25-8というモデルです。15Wで8オームです。
(4個5,000円)+(25W×2アンプ1個3,000円)+(家にあった同じ型のアンプ0円)=8,000円ほどで新環境を構築。
P1020445
↑アンプ2個。どちらもLepy(Lepai)のLP-V3Sです
P1020446
↑バスシェイカーリア側
 P1020447
↑バスシェイカーフロント側

結果、ものすごく満足出来ました。
ちゃんとしたオーディオメーカーだからか、ノイズも乗らず快適です。
一度振動ユニットを体験しちゃうと、振動ユニットなしだとどうも乗りにくく感じてしまいます。
まずは振動ユニット2個、シートとペダルだけでもいいので使うのはありだと思います。
いきなり4つ行くとなると、SimVibeソフトウェア含めて2万円強はするのでちょっと高いかな(汗
15Wで満足出来るかな~なんて思ってましたが、意外とイけます。
50W使うのは騒音的な意味でも勇気がいります。。。 

このページのトップヘ

見出し画像
×