カテゴリ:
こんにちは。

先日、G25ペダルにロードセルキットを組み込んだのです。...が、おもちゃペダルをさらにおもちゃにしたフィーリングがどうも気に入らず。
ちょうどその頃 Heusinkveld Engineering Sim Pedals Pro(以下HE Pro Pedals) の在庫が解禁されたと目にしました。
HE Pro Pedalsは、発売当初から評判がとても良く気になってはいたペダルでした。
全てのペダルにロードセルが組み込まれており、ポテンショみたいに消耗の心配も少ない。
おまけにカスタマイズも柔軟。サポートの対応もすこぶる良い。
実車買う為にGiddy up Pedal FP1を売ったのに、そしたらお金結構余っちゃった。
というのが重なり、3ペダルバージョンをオランダからはるばる輸入しました。

UPSで発送でしたが、発送から3日で届いたと思います。
ペダルのページでは€719と表示されていますが、non-EUカスタマーは税金が引かれるので€594+送料だったと思います。日本円でちょうど9万円程度です。

では早速、到着時の開封の様子を。
P1010013
P1010014
P1010015
P1010016
P1010017
昔は各ペダルがダンボールで梱包され、さらに大きいダンボールでまとめて入れられてたようですが、大分シンプルになりました。
ペダルのほかに、USB基盤・USBケーブル・カスタマイズツールが入っています。
このツールだけで、全てのペダルの調整が出来てしまいます。超親切。 
Sim Pedals Baseplate というペダルを固定する為のプレートも同時販売されているのですが、ただの固定する板に1万円近く出すのはどうなのという事で買いませんでした。

マウントした様子はこちら。
P1010018
P1010019
Sim Pedals Baseplateを買わなかった代わりに、SUSのベースプレート(以前ハンコンのマウント用に使っていました)をオーダーして取り付け。3,000円くらいでした。
SUSコックピットの人は、Sim Pedals Baseplate買わないでうちみたいにしたほうが断然安上がりですよ。
強いて言うなら、USB基盤がSim Pedals Baselateではマウント出来るくらい。うちは適当な場所にボルト止めしてあります。

一番重要なブレーキの感覚は、結構油圧に近い。
ブッシュを変えるのは、油圧ペダルのスレーブシリンダーのブッシュ交換と同じようなものです。
届いたときはかなりやわらかめの設定でしたが、ちょっと固めにしてみました。FP1ペダルそっくり。
基本的にメンテフリーなのが嬉しいですね。調整も見える範囲で全て行えるので楽です。
アクセルとクラッチペダルの感覚は、FanatecのCSP v2と同じようなものだと思ってください。
ハイエンドペダル、の分類としてはかなりオススメ出来そうです。