カテゴリ:
こんにちは。

G25ステアリング、ペダル、シフターに変えたのは前回のエントリーで書きましたが、実はそれとほぼ同じタイミングで注文していた物が届きました。
P1000991
お馴染みUSPSです。

というわけで Ricmotechのロードセルキット を注文していたのでした。
12/15に発注、その日のうちに受理したよのメールがありました。12/16に出荷後、12/17から一切追跡情報が更新されず心配していましたが、12/25に普通に届いてました。サンタさんありがとう!
経験上、USPSは大体出荷してから8~9日後に届くことがほとんどです。追跡はしっかり更新される事もあれば、今回のように一切更新されない事もありまちまちです。1:1くらいの割合だと思ってください。

さて話は戻りまして。ストックのG25/G27ペダルは、ポテンショメーターとスプリング(バネ)を組み合わせたペダルになっています。
先日まで油圧ペダル、その前にもロードセルペダルを使っていた影響で、ストックの状態だととてもブレーキコントロールがしにくい状況でした。
安価に手に入るロードセルペダルというと FanatecのClubSport Pedals になるのですが、これは2台買って2台とも一年以内にダメになったので購入は避けたかったのが、今回このキットを買った一つの理由です。
Nixim Mod等のスプリングを変えるのも一つの手段ではありましたが、一年半以上ロードセル・油圧のペダルを使っていたので無理だろうと判断しました。 
送料込みで、おおよそ17,000円ほどでした。
P1000992
P1000993
P1000994
P1000995
P1000996
一緒に入っていた説明書が、なんとT500ペダル用のロードセルキットの物!
説明書無くても組み込みは簡単なんですけど、ちょっとまずいですね。 
組み込み方はいたって簡単ですし、公式で 組み込みの動画 や PDFの説明書 があるので安心ですよ。
ただ、個人的に気になった点があったので少しだけ解説します。

・組み込み方
①ペダルをばらす(これはあちこちで説明があったりするので省略)↓
P1000997
②Bペダルの赤い部品を固定している六角ボルトを両側外す↓
P1000998
③ばらしてスプリングを抜く↓
P1000999
④下から25mmのところに、5mmドリルで穴を開ける↓
P1010001
⑤ロードセルを穴の位置に合わせて入れる(キツイので頑張って!)↓
P1010002
⑥再び戻す(この時公式では最初と逆の順で戻すようになっているのですが、反発が強すぎてボクは六角ボルトを締められませんでした。赤い部品の下側のでかい六角ボルトを緩めてはめたほうが確実にやりやすいです)↓
P1010003
公式の人は慣れてるでしょうからなんとも思わないんだと思いますが、ちょっとこの手順どおりだとかなり力が要ります。
実際は割りとすんなり組み込み出来ました。全然難しくないと思いますよ。 
思ってたよりも硬いブレーキになって、CSPよりも圧でコントロールしている感があります。
オマケにFanatecじゃないのでトラブルフリーの可能性高め!
Bodnarケーブル も買うとなるとCSP買えちゃいますが、Fanatecはトラブルが多いので個人的にはこちらをおすすめしたいところ。
ドリルとドライバー一式あれば問題なく組めます。
G25ペダルのフィーリングに不満の方、ぜひ試してみてください!