カテゴリ:
こんにちは。

以前の記事で最後の方に「詳細はComing soon...」なんて書いておきながら、紹介するのをすっかり忘れていたネタを。 
正体は、SimVibe用バスシェイカーでした。 
実はうち元々は上海問屋の20Wバスシェイカー(2個3,000円の破格)を4個でシャシーモード使っていたのですが、どうもノイズが乗って気になるので当分使った後眠らせてありました。
その後は我慢して 2個だけシートに直付けして使ってました。
で、一ヶ月ほど前にiRacerのJPスレッドにてバスシェイカーが売られているのを購入。
Dayton Audio TT25-8というモデルです。15Wで8オームです。
(4個5,000円)+(25W×2アンプ1個3,000円)+(家にあった同じ型のアンプ0円)=8,000円ほどで新環境を構築。
P1020445
↑アンプ2個。どちらもLepy(Lepai)のLP-V3Sです
P1020446
↑バスシェイカーリア側
 P1020447
↑バスシェイカーフロント側

結果、ものすごく満足出来ました。
ちゃんとしたオーディオメーカーだからか、ノイズも乗らず快適です。
一度振動ユニットを体験しちゃうと、振動ユニットなしだとどうも乗りにくく感じてしまいます。
まずは振動ユニット2個、シートとペダルだけでもいいので使うのはありだと思います。
いきなり4つ行くとなると、SimVibeソフトウェア含めて2万円強はするのでちょっと高いかな(汗
15Wで満足出来るかな~なんて思ってましたが、意外とイけます。
50W使うのは騒音的な意味でも勇気がいります。。。