アーカイブ

February 2016

車を買った

カテゴリ:
こんにちは。

PC不調でなかなか更新出来ませんでしたが、1/27に免許取得しました。
ちょうど教習所が混んでる時期で予約が取れず大変でしたが、行ける時は行くスタンスで第二段階は二週間ちょっとで終えました。
本免試験は無事一発合格し、晴れて免許を取得したのでした。

さて、自分の親は ランドローバー レンジローバーイヴォーク に乗っているのですが、昨年9月に新車で納車されたばかりで運転させてもらえるはずもなく。スキーに行くときに370km(ほぼ高速)だけ運転しましたが。
というわけで、自分の車を買いました。元々「高校生のうちに車を持つ」という夢もありました。
今回お世話になったのは、東京都町田市にある TCR JAPAN さんです。ロードスター・アバルトのプロショップです。
ここのオーナー加藤さんは、ボクよりもずっと前からiRacingで走っている、かつリアルレーサーです。
免許を取ってから二週間弱、2/8に納車となりました。
P1010026
マツダ NB型ロードスター です。
H10年式なのでNB1、1.8 VS というグレードになると思います。
距離は納車時点で約79,500km、現在は80,500kmほどになりました。
元々RAYS TE37が付いた状態で、ハードトップもそのままいただきました。
オートマの個体ですが、いずれマニュアルも乗りたい!
いくつか不具合もありますが、年式を考えればかなり上物だと思います。オイル漏れ無し、ボディも艶あり。

その後は JOYFAST さんへ持ち込み、かんたんな点検をしてもらいました。NB1にしてはかなりいい個体!とお褒めの言葉もいただき。不具合箇所も直していただきました。
JOYFASTの伊左治さんとは一年以上前から個人的なお付き合いもあり、いつも良くしてもらってて感謝感謝です。
3/11のJOYFASTさん主催「ロドスタ天国0.5 2016」にはお手伝いとして伺う予定ですので、よろしくお願いします。

こんな感じで始まったリアルカーライフ。事故だけには気をつけて楽しみたいと思います(シム飽きた!)。 

Heusinkveld Engineering Sim Pedals Pro

カテゴリ:
こんにちは。

先日、G25ペダルにロードセルキットを組み込んだのです。...が、おもちゃペダルをさらにおもちゃにしたフィーリングがどうも気に入らず。
ちょうどその頃 Heusinkveld Engineering Sim Pedals Pro(以下HE Pro Pedals) の在庫が解禁されたと目にしました。
HE Pro Pedalsは、発売当初から評判がとても良く気になってはいたペダルでした。
全てのペダルにロードセルが組み込まれており、ポテンショみたいに消耗の心配も少ない。
おまけにカスタマイズも柔軟。サポートの対応もすこぶる良い。
実車買う為にGiddy up Pedal FP1を売ったのに、そしたらお金結構余っちゃった。
というのが重なり、3ペダルバージョンをオランダからはるばる輸入しました。

UPSで発送でしたが、発送から3日で届いたと思います。
ペダルのページでは€719と表示されていますが、non-EUカスタマーは税金が引かれるので€594+送料だったと思います。日本円でちょうど9万円程度です。

では早速、到着時の開封の様子を。
P1010013
P1010014
P1010015
P1010016
P1010017
昔は各ペダルがダンボールで梱包され、さらに大きいダンボールでまとめて入れられてたようですが、大分シンプルになりました。
ペダルのほかに、USB基盤・USBケーブル・カスタマイズツールが入っています。
このツールだけで、全てのペダルの調整が出来てしまいます。超親切。 
Sim Pedals Baseplate というペダルを固定する為のプレートも同時販売されているのですが、ただの固定する板に1万円近く出すのはどうなのという事で買いませんでした。

マウントした様子はこちら。
P1010018
P1010019
Sim Pedals Baseplateを買わなかった代わりに、SUSのベースプレート(以前ハンコンのマウント用に使っていました)をオーダーして取り付け。3,000円くらいでした。
SUSコックピットの人は、Sim Pedals Baseplate買わないでうちみたいにしたほうが断然安上がりですよ。
強いて言うなら、USB基盤がSim Pedals Baselateではマウント出来るくらい。うちは適当な場所にボルト止めしてあります。

一番重要なブレーキの感覚は、結構油圧に近い。
ブッシュを変えるのは、油圧ペダルのスレーブシリンダーのブッシュ交換と同じようなものです。
届いたときはかなりやわらかめの設定でしたが、ちょっと固めにしてみました。FP1ペダルそっくり。
基本的にメンテフリーなのが嬉しいですね。調整も見える範囲で全て行えるので楽です。
アクセルとクラッチペダルの感覚は、FanatecのCSP v2と同じようなものだと思ってください。
ハイエンドペダル、の分類としてはかなりオススメ出来そうです。 

このページのトップヘ

見出し画像
×